The Conversation (1974) / カンバセーション…盗聴…

『カンバセーション…盗聴…』(原題:The Conversation)は、1974年製作のアメリカ映画。フランシス・フォード・コッポラ監督・製作・脚本作品。ジーン・ハックマン主演。殺人計画に巻き込まれた盗聴のエキスパートの心理的恐怖を描いた作品。サスペンス映画の傑作として高く評価されている。

The Conversation (1974) / カンバセーション…盗聴…

サンフランシスコ在住の盗聴のプロフェッショナル、ハリー・コール(ジーン・ハックマン)。通信傍受の権威としての輝かしい名声とは裏腹に、彼の私生活は孤独そのものだった。それは他者の秘密を盗み聞きするという盗聴という仕事を生業にしていながら、ハリーが自らのプライバシーの保持に異常に気を使っているからだった。そのためにハリーは、彼とより親密な交際を求める恋人とも別れる羽目になってしまう。そんな彼にとって唯一の心の支えは、厳重に外部から隔離された自室で、ジャズの調べに合わせてサクソフォンを演奏することだった。

ハリーはある日、大企業の取締役(ロバート・デュバル)からの依頼を受けて、雑踏にまみれたユニオンスクエアで密会する若い男女二人組の会話を盗聴する。一見すると他愛の無い世間話に見えた二人の会話だが、そこに不審なものを感じたハリーは依頼人の補佐役(ハリソン・フォード)に対し、録音したテープの受け渡しを拒否する。依頼人のオフィスからの帰り道にハリーは、公園で盗聴したカップルに遭遇する。例の二人組は、実はその会社に勤めていた社員であり、女の方は依頼人の妻だったのだ。

  • コメント: 0

関連記事

  1. The Frisco Kid (1979) / フリスコ・キッド

  2. Hanover Street (1979) / ハノーバー・ストリート 哀愁の街かど

  3. American Graffiti (1973) / アメリカン・グラフィティ

  4. Heroes (1977) / 幸福の旅路

  5. Force 10 from Navarone (1978) / ナヴァロンの嵐

  6. Apocalypse Now (1979) / 地獄の黙示録

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。