Working Girl (1988) / ワーキング・ガール

『ワーキング・ガール』(Working Girl)は、1988年公開のアメリカ映画。ニューヨーク・ウォール街の投資銀行のM&A部門で働く秘書の物語。マイク・ニコルズ監督作品。

amazon : Working Girl (1988) / ワーキング・ガール

Youtube : Working Girl (1988) / ワーキング・ガール

Working Girl (1988) / ワーキング・ガールのあらすじ

ウォール街の投資銀行で働くテス(メラニー・グリフィス)は、元々秘書養成学校卒であったが夜学でビジネスの学位を優等で取る頑張り屋。しかし有名大卒ではないために出世の見込みはゼロ。上司から受けられるのは引き立てとは程遠いセクハラだけ、問題児扱いで人事部のお世話になるばかり。 今度また問題を起こしたら馘、と釘を刺されたテスの新しい上司は、M&A部門にボストンから赴任してきた重役のキャサリン(シガニー・ウィーバー)。同性で同い年の彼女と意気投合し、張り切るテスだったが、やがてキャサリンの意外な本性を知り…。 そんな中、キャサリンがスキー休暇中に足を骨折。職場復帰するまでの間、テスはキャサリンの愛人ジャック(ハリソン・フォード)と共に、進行中の合併話を期せずして進行させることになる。

関連記事

  1. The Mosquito Coast (1986) / モスキート・コースト

  2. Frantic (1988) / フランティック

  3. Witness (1985) / 刑事ジョン・ブック 目撃者

  4. Blade Runner (1982) / ブレードランナー

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。