Regarding Henry (1991) / 心の旅

『心の旅』(Regarding Henry)は、1991年のアメリカ映画。監督マイク・ニコルズ、脚本マイク・ニコルズのコンビで描くドラマ。

 ・ amazon : Regarding Henry (1991) / 心の旅

 ・ Youtube : Regarding Henry (1991) / 心の旅

Regarding Henry (1991) / 心の旅のあらすじ

ニューヨークで弁護士をしているヘンリー(ハリソン・フォード)は、有能な弁護士ではあるが、法廷における弱者や家族を全く顧みない冷たい男であった。有能な弁護士で主として大企業や大病院などを顧客として、患者から医療ミスで訴えられた病院の裁判において、患者側に有利な証拠を握りつぶすという倫理的に問題のある方法で勝訴を勝ち取ったばかり。タバコを切らしてしまった彼は、買い物に出かけた時に強盗事件に巻き込まれ、重傷を負ってしまう。幸い命は助かったが、記憶喪失になってしまう。陽気なリハビリトレーナーに励まされて運動機能を回復させたヘンリーは、退院して自宅に帰るが、妻と娘は事故前とは人が変わったように優しさを示すヘンリーに戸惑う。 ヘンリーは次第に家族との絆を取り戻して人間としての充実を感じ始める一方で、記憶が回復するにつれ、弁護士としての過去の所業との倫理的ジレンマに苦しむ。

  • コメント: 0

関連記事

  1. Presumed Innocent (1990) / 推定無罪

  2. The Fugitive (1993) / 逃亡者

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。