42 (2013) : 42 〜世界を変えた男〜

メジャーリーグ・ベースボール(MLB)史上初の黒人選手として、47年にメジャーデビューするや、そのプレーを通して差別や偏見に打ち勝ち、多くの人々に希望を与えたジャッキー・ロビンソン。彼の知られざる姿に迫る人間ドラマ。映画初主演のチャドウィック・ボーズマンがジャッキーに扮し、『ペイバック』のブライアン・ヘルゲランドが監督を務める。

42 (2013) : 42 〜世界を変えた男〜のあらすじ

47年、ブルックリン・ドジャースのGM、ブランチ・リッキーは1人の選手と契約する。彼の名はジャッキー・ロビンソン。リッキーとメジャーリーグ・ベースボール初の黒人選手となったジャッキーは一般大衆、マスコミ、他の選手たちから激しい非難を浴びるはめに。だが、ジャッキーはそのプレイを通して、周囲の非難をはねのけていく。

  • コメント: 0

関連記事

  1. Morning Glory (2010) : 恋とニュースのつくり方

  2. Extraordinary Measures (2010) : 小さな命が呼ぶとき

  3. The Age of Adaline (2015) : アデライン、100年目の恋

  4. Paranoia (2013) : パワー・ゲーム

  5. The Expendables 3 (2014) : エクスペンダブルズ3 ワールドミッション

  6. Blade Runner 2049 (2017) : ブレードランナー 2049

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。