Random Hearts (1999) : ランダム・ハーツ

愛し信じていた妻と夫を失った男女の恋の行方を描く大人のラヴ・ストーリー。監督・製作は、シドニー・ポラック。原作はウォーレン・アドラーの同名作(ハヤカワ文庫刊)で、脚本は、ダリル・ポニックサンとカート・ルーデック。出演:ハリソン・フォード、クリスティン・スコット・卜ーマス、チャールズ・ダットンほか。

Random Hearts (1999) : ランダム・ハーツのあらすじ

ワシントン。警察の内務調査室巡査部長ダッチ(ハリソン・フォード)は、愛妻ペイトン(スザンナ・トンプソン)が出張旅行中に乗っていた旅客機がチェサピーク湾に墜落したというニュースに愕然とし、深い悲しみ沈んでいた。だが事故後、ニューヨークへの出張と偽ってフロリダへ向かっていたこと、機内で隣の座席同士だった男性、チャンドラーの妻を名乗って搭乗していたことを知る。さらにふたりの遺品から同じ部屋の鍵が発見され、信じていた妻の裏切りにショックを受ける。妻の不倫を事実だと認めきれないダッチは調査を始め、チャンドラーの未亡人ケイに接触する。再選を目指して選挙運動中のニュー・ハンプシャー州選出の下院議員であるケイ・チャンドラー(クリスティン・スコット・トーマス)は、真相究明に消極的な姿勢をみせる。ケイは夫の裏切りに心を痛めながらも、それが政治上のスキャンダルになることを恐れ、終わってしまったことをあれこれ詮索しても無意味だと考えていた。しかし、いつしかダッチの情熱に突き動かされていく。職業柄忙し過ぎたダッチは亡き妻を、選挙のことで頭がいっぱいになっていたケイは亡き夫の心を、本当には理解していなかったことに気づき始める。互いに似た性質を持つふたりは、愛するものを失った悲しみを抱えながら次第に惹かれあってゆく。しかし、ふたりが連れだってマイアミのビーチを歩く姿が大々的に報道され、選挙を控えたケイは窮地に立たされてしまう。ダッチは立候補を辞退しようとするケイを励まし、ふたりは別れを決意する。数年後、再会したダッチとケイは、互いにまだ想いが残っていることを知り、ふたりの将来に明るい希望が持てることを確認し合うのだった。

  • コメント: 0

関連記事

  1. Six Days Seven Nights (1998) : 6デイズ/7ナイツ

  2. Sabrina (1995) : サブリナ

  3. Air Force One (1997) : エアフォース・ワン

  4. Regarding Henry (1991) : 心の旅

  5. Presumed Innocent (1990) / 推定無罪

  6. The Fugitive (1993) : 逃亡者

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。