The Devil’s Own (1997) : デビル

『デビル』(The Devil’s Own)は、1997年のアメリカ映画。ハリソン・フォードとブラッド・ピットの共演によるサスペンス・アクションである。アラン・J・パクラの最後の監督作品。

The Devil’s Own (1997) : デビルのあらすじ

主人公のフランシス・マグワイヤー(愛称フランキー)は、8歳のとき目の前でIRAシンパの父親をイギリス人に殺され、IRAの活動家となった。

フランキー( ブラッド・ピット)は、スティンガーミサイルを手に入れるために、「ローリー・ディヴァニー」の偽名でニューヨークにやって来る。IRAシンパであるフィッツシモンズ判事の手引きで、フランキーは同じアイルランド系の実直な警官トム・オミーラ(ハリソン・フォード)の家に下宿することになる。彼の正体を知らないトムとその家族は彼を温かく迎え、フランキーもそんなオミーラ家の人々に家族の温かみと束の間の安らぎを感じる。

一方、フランキーは武器商人バークと接触し、本来の目的を果たす算段を整える。しかしフランキーを取り巻く状況の悪化で、取引の延期を持ちかけたことからバークが反発し、フランキーが隠し持っている大金を盗み出そうと、部下をトムの家に侵入させる。トムとフランキーによって侵入犯を追い払うことは出来たが、この事件でトムはフランキーの正体に気付く。

  • コメント: 0

関連記事

  1. The Fugitive (1993) / 逃亡者

  2. Presumed Innocent (1990) / 推定無罪

  3. Sabrina (1995) : サブリナ

  4. Regarding Henry (1991) / 心の旅

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。