Six Days Seven Nights (1998) : 6デイズ/7ナイツ

南海の孤島に不時着した男女が必死で脱出を図る姿を軽快なタッチで描く冒険アクション。監督は、アイヴァン・ライトマン。脚本はマイケル・ブラウニング。主演は、ハリソン・フォード、アン・ヘッシュ。

 ・ Apple : Six Days Seven Nights (1998) : 6デイズ/7ナイツ

Six Days Seven Nights (1998) : 6デイズ/7ナイツのあらすじ

流行雑誌の編集者ロビン(アン・ヘッシュ)は、恋人フランク(デイヴィッド・シュワイマー)とマカテア島への7泊6日のバカンスに出かける。ところが、飛行場に待っていたのは壊れそうなチャーター機と無骨なパイロット、クイン(ハリソン・フォード)。不安になりながらも乗り込んだロビンたちは、なんとか無事島にたどりつく。フランクのプロポーズに気をよくしていたアンだが、急な仕事でタヒチまで戻らなくてはならなくなり、クインに無理矢理連れていってもらう。ところが、運悪くチャーター機は墜落、クインとロビンは無人島に不時着する。気の強いニューヨーカーと、傍若無人なパイロットの相性は最悪。たった一発の発煙筒も誤って使ってしまい、二人は外界から隔絶される。ケンカを繰り返しながら困難を乗り越える二人だったが、海賊船の上で殺人が起きたところを偶然目撃し、海賊に追われるはめに。だが、壊れたチャーター機を補修するための古いゼロ戦の機体を見つける。一方、ロビンたちが消息を絶ったことを知ったフランクは哀しみのあまり、副操縦士のグラマーなアンジェリカ(ジャクリーン・オブラドーズ)と寝てしまう。ロビン、クインは飛行機を補修、追撃する海賊たちの砲弾を交わし、マカテア島に帰り着く。二人はそれぞれにひかれあっていたが、進展はないままロビンの帰国の日が迫る。だが、思いを断ち切れなかったロビンはフランクとの婚約を解消し、島に残る。そこヘクインも駆けつけ、二人は抱き合うのだった。

  • コメント: 0

関連記事

  1. Regarding Henry (1991) : 心の旅

  2. Air Force One (1997) : エアフォース・ワン

  3. Presumed Innocent (1990) / 推定無罪

  4. The Devil’s Own (1997) : デビル

  5. Random Hearts (1999) : ランダム・ハーツ

  6. The Fugitive (1993) : 逃亡者

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。